宮城・仙台のエアコンクリーニング・ハウスクリーニング・フロアコーティングはアルファクリーンシステムへ エアコンクリーニング情報エアコンクリーニング情報 エアコンクリーニング情報

ゴキブリ駆除

ゴキブリ駆除 マックスフォース ベイト剤

ゴキブリ駆除 ゴキブリ駆除
△マックスフォース 食毒剤 △マックスフォース ベイト剤
チャバネゴキブリに絶大な威力を発揮
害虫は体内に保持する食中毒菌を拡散しながら夜間に店舗内を徘徊します。害虫の多い店舗では、閉店時に設備の洗浄をしても、翌朝には衛生効果は意味の無い事になってしまいます。ペストコントロールでは、害虫を徹底的に駆除すると共に、定期的な保守点検で、外部からの害虫の侵入を防ぎます。従来の害虫駆除とは比較にならない品質と効果をご提供いたします。
◇虫をお客様の目につかせない
お客様に気持ち良くお食事を楽しんで頂けるので、固定客を逃しません。有効成分ヒドラメチルノンの二次効果でベイト剤を直接食べたゴキブリのみならず、生息場所でそのゴキブリの糞や死骸を食べる他のゴキブリや幼虫も駆除します。

◇料理へ虫を入れない
お客様からのクレームを削減し、PL法対策も万全です。自信を持ってお料理を提供でき
「心のこもったサービス」が提供できます。

◇害虫による食中毒の汚染を防ぐ
害虫による食品、調理器具の二次感染を防止し、事故発生の危険性を削減します。

◇容器が小さく、目立たずに設置が出来ます。
ゴキブリ駆除
通常では開けられない特殊接着加工(チャイルド・レジスタント)容器であり、薬剤に触れることが出来ない安心構造です。

◇大量の殺虫剤を使用せず、ゴキブリ専用の医薬品ベイト剤を最小限に使用するため、人体や環境に悪影響を与えません。【ISO14001】環境保全

◇煙・臭い・汚れの心配がいりません。
ゴキブリ駆除

飲食店、スーパー、コンビニ、デパート、食品加工工場、病院、老人ホーム、学校、保育所、研究所、コンピュータ・電算室、ペットショップ、動物園、バス、船舶、飛行機、鉄道等を含む商業施設などの厨房や住居、倉庫での使用に最適です。

従来の害虫駆除とは比較にならない品質と効果をご提供いたします。

 

ハチ駆除

アレルギー反応に注意

ハチに刺されて死亡という事件は、毎年何件か起きていますが、その多くはハチ毒そのものによるものではなく、アレルギーによるショック死です。 
一度ハチに刺されると、体内で抗体が作られます。すると、次にハチに刺されて抗原が体内に入った時に、強烈なアレルギー反応を起こす人がいるのです。これはアナフィラキシーと呼ばれるもので、そばアレルギーや、運動誘発性アナフィラキシー(カニ・エビ等を食べて運動するとショック症状を起こすもの)と同じ現象です。
たかが虫くらいと安易に考えていると大変。急ぎ専門家の治療を受けましょう。

ハチの種類

ハチ駆除 ◇アシナガバチ
特に夏場になるとよく見かけるハチになります。ふわふわと飛び回りそれほど危険性のないハチです。屋根の軒下や花壇に巣を巣を作る事があり、水撒きをすると飛び出しよく騒がれますが基本的にはおとなしいハチです。
6角形の穴が沢山あるのが巣の特徴です。
ハチ駆除 ◇ミツバチ
4月中旬から6月までよくみかけますが、この時期になると巣別れをはじめ新たな女王蜂が仲間を引き連れて巣作りをします。また、その際、分封と言って巣作りに適した場所が見つかるまで沢山のハチが群がり3〜4日ほど固まっている事があります。この時は駆除を行うと散ばってしまいかえって困難になってしまいますので巣を作るのを待ちましょう。
ハチ駆除 ◇クマバチ
見た目は黒くて大きくて怖い印象がありますが、ミツバチと同様に花蜂の中まで基本的には大人しい性質です。多くで群れを作ることはなく生活していて、人に危害を加える事はほとんどありません。
ハチ駆除 ◇スズメバチ
危険な蜂と恐れられていますが、人が巣を突付くなど危害を加えない限り向こうから人を襲ったりはしません。しかし、10月頃になると警戒心が強くなり、巣の近くに行くだけで刺されるケースもあります。
巣の特徴はマーブル状の模様があり巣穴が一つだけという事です。

チョウバエ駆除

チョウバエとは

チョウバエ駆除  最近、ビル街や地下飲食街の害虫というと、チョウバエの問題を良く耳にします。食品工場の異物混入の虫として最近は知られています。チョウバエは卵から孵化した後に約10日間の幼虫期、2日間の蛹を経て約2週間程度の成虫期に約100個の産卵をします。
したがって、チョウバエ駆除においては幼虫期の発生源対策をする事が重要になります。

チョウバエ駆除

△チョウバエ駆除 △チョウバエ駆除
1. まず初めに排水の循環が行われない部分やグリーンストラップ、水が溜まる場所等の発生源を徹底調査します。
2. 弊社ではIGR成長抑制ホルモン剤を使用し発生源に投入・散布を行います。このIGR剤はチョウバエの幼虫に作用し生理機能をかく乱する化合物で、表皮の形成を阻害します。
この薬剤によりチョウバエを幼虫の段階で駆除し発生を未然に防ぎます。
3. 成虫の発生が激しい場合は有機リン系油剤を空間噴霧し、成虫の駆除も行います。

 

シロアリ駆除

建築害虫と呼ばれるシロアリ

皆様ご存知のシロアリです。ハチ目の昆虫であるアリとは異なり、朽木などの植物遺体を食べるゴキブリから社会性を著しく発展させた昆虫です。
木造建築が多くを占める日本国内において、木部を食料とするシロアリは天敵です。
駆除はもちろんですが、定期的な予防点検をオススメ致します。

当社では調査・お見積もりを無料にて行っております。